近くの川で遊べるといいのですが、今、川で遊ぶ人を見ることはありません。川も、滑りますから。雨が降らないと、川は、水たまりぐらいの水量になります。ただし、川を歩くまでになるには、下におりることのできる土手がないといけませんね。時々、ショベルカーで、砂を掘っていますが、もっと、きれいな川にしてほしいです。
ショベルカーというと、下の子供が小さいころに、よく、絵本を借りてきて、何度も読みました。車の図鑑、植物図鑑。図書館を利用したのは、幼稚園に入る前までが一番多かったです。夢もあったのかもしれません。あっというまに大きくなってしまいました。といっても、一瞬ではないので、こちらも相当、年を取っています。それなのに、ショベルカーの本を見ると、子供が小さいときのような気持になります。
テレビアニメも、長寿番組なので、それで、思い出すことも多いですよね。いつのまにか、高齢になっていた番組も見ることがなくなりました。

私が毎日通勤に使っている道南いさりび鉄道(以下いさ鉄)は北海道新幹線デビューと同時にJR北海道から経営を分離された第三セクターの鉄道会社です。JR北海道より車両を譲り受け運行をしています。
そして定期点検が終わった列車から順次塗装もいさ鉄デザインへと変えていて新しい色がデビューする前に新聞やテレビやネットでデビュー日等が宣伝されます。
そして昨日は帰りの汽車に乗ろうと駅のホームに向かうとそこには新色列車がいたのです。いつもならデビュー日はカメラを持ったファンが沢山いるのですがそんな姿もありませんでした。
私もいさ鉄の隠れファンなのでスマホで写真を撮り汽車に乗ると中にも人も全然居なくて他の車両がデビューした時はすごかったのになんだかこの子のデビューはひっそりし過ぎてしかもあいにくの天気で可愛そうだなぁと思いました。
せめていさ鉄のホームページだけにでもデビューした事を写真付きで載せてあげて欲しいなぁと思いました。