最近少し話題になっているキャニオニングに行ってきました!
キャニオニングとは、沢下りのことです。簡単に説明すると、ウェットスーツ、沢下り専用の靴、ヘルメット、ライフジャケットを着用し、インストラクターと共に川を下りながら、滝壺に飛び込んだり、天然のウォータースライダーを滑ったりします。夏限定の遊びなのが少し難点です。これだけ聞くと、「子供の遊びじゃないの?」「ハード過ぎない?」「寒くないの?」などという疑問が生まれると思いますが、全部心配無用でした!
私は鬼怒川でやったのですが、周りは大人がほとんどでした!20歳前後の学生から、40代くらいの夫婦まで来ていました。もちろんファミリーもいましたが!キャニオニングは、キャニオニングのショップに予め予約をしていくことが多いです。だいたいのショップではコースの設定がしてあるため、お子さんが小さすぎる場合や、体力に心配がある人は初級のコースを選んだりと、自分にあった遊び方もできます。私はアクティブに遊ぶことが大好きです。しかし、大人になった今、アスレチックじゃ物足りないし、飛んだり跳ねたりする遊びはほとんど子供向けで思い切り遊びずらい、、そう思っていた時にたまたまキャニオニングの存在を知りました。「どうせたいしたことないんじゃないの?」と半信半疑で参加しましたが、大満足してきました。かなり高い岩場からの飛び込みや、歩きづらい道を歩くなどスリル満点でとても楽しかったです。特に技術も必要ないため初めてでも難しいことなく行えました。遊び場に困っている方、大人も子供も楽しめるキャニオニング、オススメです!