3月11日(東日本大地震の日)が近づいている

今日、私は職場近くの図書館によって出勤しました。その図書館では3月11日の東日本大地震の被害の写真を展示していました。東北地方の写真が多かったですが、地元の被害の写真も2枚展示していました。私の住む県は海なし県なので、津波の被害はなかったですが、それでも県北や県東地域に被害が出ました。私の住む県は東北地方に比べて被害の規模が大きくないので、あまり報道されなかったのですが、それでも被害はありました。そのためか市内にある別の図書館の被害(本が棚から落ちて散乱している状態)の写真を展示していました。
あの地震からまもなく6年経ちます。年とともに記憶が薄れていくので、このような企画を展示したのではないかと思いました。また同図書館には地震後に生まれた小さな子どもがきていたので、地震の体験をしていない人が増えていくので、年月が経つにつれて、地震の記憶も薄れていくのかなと思いましたが、震災のことは伝えていかなければならないでしょう。アリシアクリニック 永久脱毛